【海外駐在員への食料品・日用品送付方式の変化】

海外駐在員への食品・日用品などの送付は、主に海外生活サポートの専門業者が用意するショッピングサイトや商品リストから希望の商品を注文する方法が長年使われております。

しかし、最近ではイトーヨーカドー、西友、イオンなどのネットスーパーが普及し、海外駐在員の方々もネットでこれらの商品内容を容易に閲覧することができるようになったことから、ネットスーパと海外生活専門業者のショッピングサイトの商品点数・価格の大きな差があることが分かり海外駐在員の方々から疑問や不満が出ていました。

当社は海外駐在員の立場で現地の方々にもスーパーの豊富な商品を低価格にてお届けできる仕組みを開発しこのほど実現いたしました。この方法は自社で在庫を持ちませんので商品の賞味期限、在庫管理コスト、倉庫要員・スペースが不要となり商品価格を抑えることが出来ます。今後はこの方法が海外駐在員への送付の主流になると確信致します。

1. 商品種類が圧倒的に増え価格が下がります

生鮮品、危険品など海外発送に適さない商品を除きスーパーで販売されている全ての商品を扱います。例えば海外発送専門業者のカップヌードルの価格は170円前後ですが、スーパーでは120円前後です。マルちゃん正麺5食袋ラーメンは専門業者のサイトでは700円前後ですが、スーパーでは350円前後と約半分の価格で販売されております。当社は購入手数料として10%いただきますが、この購入手数料を考慮しても商品価格は大幅に下がります。

2. ご注文の方法は簡単です

ご希望のネットスーパーから希望の商品を選択して、(あらかじめ海外発送に適さない商品概要はお伝えいたします)当社の注文書にコピー&ペーストで貼り付けメールの添付ファイルで送信していただきます。いただいたご注文書を海外発送のプロが商品内容のチェックを行いスーパーに発注いたします。商品代が個人負担の場合ご自身でご希望のネットショッピングサイトで商品を購入されて当社に送付頂く方法もお受けいたします。この場合は当社の購入手数料は必要ございません。

3. 海外輸送、現地通関などへの対応も万全です

海外駐在員の方々に食品、お薬、日用品など25年以上にわたりお届けしている豊富な知識と経験に基づき最適な海外向け梱包や書類作成などにより輸送や通関でのトラブルのリスクを最小限になるようにいたします。また、万一トラブルが発生した際にはお客様の立場で柔軟に対応いたしております。

4. 福利厚生制度の上限管理など

商品内容量・重量、海外向け梱包後の重量、海外送料、商品価格、利用頻度などそれぞれの企業が定める福利厚生制度にあわせた内容や上限管理でお受けいたしております。

戻る
海外支援センター
株式会社 海外支援センター